旭川の対象者。出所後住む家がない!

旭川の対象者

おはようございます!火曜日の投稿は株式会社GUILD ZERO(ギルドゼロ)が担当します。


本日は、覚醒剤依存症者の社会復帰支援についてお話ししたいと思います。特に、出所後に住む場所を見つけることが難しいという問題があります。

近年、覚醒剤の使用は深刻な社会問題となっています。その影響で服役する人々が増え、出所後の社会復帰に関する課題も増加しています。私たちは、居住支援としての活動を通じてこの問題を解決しております。

今回の対象者は旭川市50代の男性で、覚醒剤による服役を経験した方が出所後に仕事は見つかっているが、住む場所がないという問題でした。仕事は見つかっているかもしれませんが、住む場所がなければその仕事を続けることは非常に困難です。そして、一番リラックスでき安らげるお家が無いということは相当な不安とストレスになります。

SOSを受けた今回の50代男性の抱えるこの問題を解決するために、私たちは以下のような取り組みを行ないました。

関連記事一覧

  1. 地域の方と花壇作り
  2. 北地区の頼れる守護神
  3. 釧路からの相談
  4. 無料食堂開催
  5. 除雪中のアザを題材に
  6. 再犯防止対策
PAGE TOP