「アルコール依存症」の恐ろしさを知っていますか?今回、近隣住民に多大なる迷惑を掛けた事例をご紹介します。

アルコール依存症

おはようございます!火曜日の投稿は株式会社GUILD ZERO(ギルドゼロ)が担当します。

アルコール依存症」あなたはこの恐ろしさをご存知ですか?

アルコール依存症とは?

アルコール依存症は、身体的および精神的にアルコールに依存する状態です。これにより、個人の日常生活や社会的活動が大きく妨げられます。アルコール依存症は単なる「飲み過ぎ」とは異なり、本人の意思だけでコントロールするのが難しい病気です。

アルコール依存症が引き起こす問題

大家として一番困ることがアルコール問題です。
アルコール依存症の入居者がいると、以下のような問題が発生することがあります。

騒音やトラブル: 酔っ払った状態で他の住民に迷惑をかけることがあります。
例えば、大声で叫んだり他の住人に絡んだりといった行動が問題になります。

自己損傷のリスク: 酔った状態で転倒したり、誤って危険な行動を取ることで怪我をするリスクが高まります。

物件の損傷: アルコールが原因で物件内の備品を壊したり、火災などの重大な事故を引き起こす可能性があります。

実際に、私たちの管理物件で起こった出来事をご紹介いたします。
アルコール依存症の治療を受けて「二度と飲まない」と誓っていたにもかかわらず、再びアルコールを口にしスリップし近隣住民に大きな迷惑をかけました。後日、その入居者は当時の記憶が全くなく泣きながら謝罪しておりました。

アルコール依存症は、個人だけでなく、その周囲の人々や環境にも大きな影響を及ぼす問題です。
私たち管理物件の大家として、こうした問題に対処するには、入居者との良好なコミュニケーションを徹底し、必要な治療などのサポートを提供することが重要です。



関連記事一覧

  1. 麻薬取締部との協力
  2. BCP訓練 避難訓練
  3. 闇金業者から迷惑電話
  4. グループホーム周辺の草刈り作業
  5. 初めての工賃で購入したバック
  6. グループホームライネン
PAGE TOP