司法関連団体からのSOS!居住状態不明のためにアルコール依存症の疑いのある方の保護要請。

アルコール依存症

おはようございます!土曜日の投稿は株式会社GUILD CARE(ギルドケア )が担当します。
ギルドケアは、私たちの住む社会が一歩ずつ良くなって行くため『一意専心』活動しております。

先日、札幌市内の司法関連団体からのSOSにより、アルコール依存症の可能性がある方の保護が求められました。
この方の居住状態が不明であり緊急の支援が必要であるという事態でした。

私たちは、この方を保護し状況改善のために動きました。
一時緊急的に保護した際の症状は、失禁や記憶の曖昧さなどがあったため
元々通院していた病院と連携し一時的な入院治療を受けることとなりました。
同時に、住んでいた自宅が解約になっていたため
不動産管理会社とも連携し貴重品の取り出しを許可して頂きました。

住んでいた状況については、とても人が住んでいたとは思えないほどの異臭と大量の虫が・・・

しかし、その中から貴重品や思い出の品を見つけ出し本人の元へ届けることができました。
思い出の品が側にあるだけで、人間の心理的に落ち着けることができたり前を向くこと
できたりします!!
今回、しっかり手元に届けることができてよかったです。

このような事例は、地域社会の支援と様々な機関との連携が不可欠です。
私たちは今後も、困難な状況の中生活されている方を支援し続けていきたいと思います。



関連記事一覧

  1. 特別価格自動販売機
  2. 救急搬送 妊娠否定
  3. 2024年度 一般社団法人 北海道精神保健福祉士協会 全道大会
  4. キッチンビフォーアフター
  5. 再犯防止率11%
PAGE TOP