自分で爪を切ることが難しいグループホーム入居者に訪問看護師がしっかりケアします!

ギルドケア爪のケア

おはようございます!土曜日の投稿は株式会社GUILD CARE(ギルドケア )が担当します。
ギルドケアは、私たちの住む社会が一歩ずつ良くなって行くため『一意専心』活動しております。

グループホームでは、身体的な自立が難しい入居者が生活しています。その中には、爪を自分で切ることができない人も多くいます。これは身体的不自由や精神的状態に関連しています。特に、精神障がいで鬱状態が強い方々は、日常生活の中で爪の処置などの基本的なケアに支障をきたすことがあります

こうした状況下で、訪問看護師は貴重な存在です。訪問看護師は、週に1から2回の頻度でグループホームを訪れ、爪の処置だけでなく入居者の体調確認や血圧測定、医療的な相談なども行います。このようなケアは、入居者の健康と生活の質を向上させるために欠かせません。

訪問看護師の専門知識とケアによって、爪のトラブルや感染症のリスクを最小限に抑えることができ、訪問看護師が定期的に入居者の健康を確認することで、早期に問題を発見し適切な対応を行うことができます。爪の処置だけでなく、入居者全体の健康管理をしてくださる訪問看護の役割は大きく安心で快適な生活を送るために不可欠です。
私たちは、このようにして地域連携を図り入居者の健康を管理しております。

関連記事一覧

  1. 封筒作り
  2. 救急搬送 妊娠否定
  3. イオンにチラシを置かせていただいている
  4. 不用品回収
  5. 新事務所看板
  6. 釧路市でのグループホーム新入居相談
PAGE TOP