BCP訓練及び利用者さんの避難訓練を行いました!私たちは「災害対応力」の向上を目指しております。

BCP訓練 避難訓練

おはようございます!土曜日の投稿は株式会社GUILD CARE(ギルドケア )が担当します。
ギルドケアは、私たちの住む社会が一歩ずつ良くなって行くため『一意専心』活動しております。

先日、従業員のBCP訓練及び利用者さんの避難訓練を行いましたのでご報告させて頂きます。

BCPとは・・
「Business Continuity Plan」の頭文字をとった言葉であり、日本語に訳すと「事業継続計画」です。
万が一の地震や風水害などの災害で、通常の生活をすることができない状況が社会的に発生した場合においても、お預かりしている入居者様が生命を維持するための生活をすることができるよう、災害時備蓄を含め体制を整え、日ごろからのシミュレーションとBCPに則った実践訓練により、安全かつ円滑に支援を継続することができるようにするためのものです。
BCP策定は介護保険法令にも位置づけられており、前年度までは猶予期間とされていましたが今年度からは必置のものとなっています。

BCP訓練の重要性
近年、自然災害が原因となって発生する被害が多くなっています。
地球温暖化が進んでおり、日本国内でも自然災害は増加しており、もともと日本は地震が多く、大地震も発生しやすいです。過去30年を振り返ってみると、阪神淡路大震災、東日本大震災、熊本地震といった大地震が発生しています。

上記のような状況を考慮すれば、自然災害や緊急事態の発生によって企業が被害を受ける事態は避けられません。
しかし、BCP訓練を行っている場合、どのような状況でも事業を継続させられる可能性が高くなります。
万が一の事態に備え日頃からBCP訓練を行うことが重要です。


避難訓練においては、利用者さんが安全に避難できるかを確認するために実施しました
訓練の中で、利用者さんがパニックに陥らないように、冷静かつ丁寧な誘導が求められました。
スタッフ一同が協力し、円滑に避難訓練を進めることができました。

今回の訓練を通して、私たちは更なる「災害対応力」の向上を目指しております。
私たちは、利用者さんが安心してサービスを利用できる環境を提供するために、今後も定期的に訓練を行い、いざとなる時にしっかり守れるようにその都度改善を続けてまいります。



関連記事一覧

  1. 虐待防止グループ研修レポート報告
  2. 釧路市でのグループホーム新入居相談
  3. 業務執行会議ギルドグループ
  4. 個別支援計画書講習
  5. 大量なゴミの中にリサイクル可能なものが
  6. 働きたいと言う相談
PAGE TOP