GUILD GROUPで課題としている累犯障がい者の問題。課題点を知るため、おおつきくれは衆議院議員に当事者からの声を直接聞いていただきました。

おおつきくれは衆議院議員

おはようございます!月曜日の投稿は株式会社GUILD GROUP(ギルドグループ)が担当します。

先日、おおつきくれはさんが弊社GUILD GROUP(ギルドグループ)を訪問され、累犯障がい当事者の方から直接お話を伺う機会がありました。

累犯障がい者とは?

累犯障がい者とは、知的障がいや精神障がいを抱えながら、繰り返し刑事事件を起こしてしまう方を指します。彼らは、障がいが原因で社会適応が難しく再犯のリスクが高いと言われています。そのため、適切な支援と理解が必要です。

犯した罪は罪として本人が責任を負います。私たちGUILD GROUPは、それとは別に福祉的な支援が必要な触法障がい者に対して必要な支援を届ける必要性をおおつきくれはさんへ伝えました。おおつきくれはさんは課題に対して、地域のために全力で取り組んでいただけると、当事者の方と約束しておりました。

再犯防止」のためには、地域連携が欠かせません!
今回はとても重要な機会となりました。

ご相談はこちらで受け付けております。


関連記事一覧

  1. 成年後見人についてのレクチャー
  2. アルコール依存症
  3. グループホームライネン
  4. オーエスフォワード 家が無い若い女性の支援
PAGE TOP